東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

20年夏祭り、日程大移動 五輪・パラリンピックで警備足りず

写真

 東京五輪・パラリンピックが開かれる二〇二〇年、首都の夏を彩る祭りやイベントが相次いで日程変更を迫られている。背景にあるのは警備体制。五輪・パラリンピックの開催時期と重なり、競技会場などの大会警備に多くの人手が割かれ、警察官や民間警備員を確保できない恐れがあるためだ。

 日程変更が取り沙汰されているのは「東京高円寺阿波おどり」「阿佐谷七夕まつり」「浅草サンバカーニバル」など、数十万人超でにぎわうイベント。いずれも例年通りに開催すると、七月二十四日〜八月九日の五輪、同二十五日〜九月六日のパラリンピックとかち合ってしまう。

 両大会組織委員会が計画する警備体制は総勢五万八百五十人。警視庁杉並署は警備の人員不足を想定し、高円寺阿波おどり、阿佐谷七夕まつりの主催者に開催日変更を打診した。

 高円寺阿波おどりは例年、二日間で百万人が訪れる。同署からの要請を受け、二〇年に限って一週間前倒すことを決めた。主催のNPO法人東京高円寺阿波おどり振興協会の冨沢武幸事務局長は「踊り手たちは各地を飛び回るので日程調整がしやすいよう早めに変更した」と説明する。

 毎年八十万人が訪れる阿佐谷七夕まつりは、新暦の七月七日に近い時期への前倒し案が浮上。五十万人が訪れる浅草サンバカーニバルは一週間早まる見通しのほか、隅田川花火大会も日程変更について協議する。

 ただ、両大会の時期に開催すれば、外国人観光客も期待できる。冨沢事務局長は「海外からもたくさん訪れてもらいたい」との本音も。また、夏休み中で、両大会がない期間は八月中旬だけ。阿佐谷商店街振興組合の河村正明理事長は「ある時期に開催が集中し、再び警備人員の不足を招く可能性がある」と指摘する。

 警備制度に詳しい仙台大の田中智仁准教授は「競技会場の近隣でも警備体制は強化されるので、人員は五万人からもっと増える。中止となるイベントも出てくるだろう」とみている。 (山田雄之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報