東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

保育園に米軍機落下物か 宜野湾、屋根に 園庭には園児50人

 沖縄県や同県宜野湾(ぎのわん)市によると、七日午前十時二十分ごろ、宜野湾市野嵩(のだけ)の緑ケ丘保育園の上空を米軍機が通過した際、施設の屋根の上に何かが落ちたような大きな音がした。保育園の職員が確認したところ、屋根の上に約十五センチの円筒状の瓶のような物が落下していた。けが人の情報はない。

 落下物が何かは判明していない。県と防衛省沖縄防衛局が職員を現地に派遣し、状況の確認に当たっている。翁長雄志(おながたけし)知事は記者団に「事実だとしたら、とんでもない話だ」と語った。

 保育園によると、幼児八人と職員二人がいた部屋の上のトタン屋根で大きな落下音がした。当時園庭では約五十人の園児が遊んでいた。主任保育士の名護タケさん(78)は「危険を常に感じていた。落下地点が少しずれていたらと思うと、ぞっとする」と声を震わせた。

 近くに住む五十代の女性は「午前中は通学の子どもたちのほか、そばにゲートボール場があるので多くの高齢者も行き来している。人にぶつかっていたらと思うと怖い。二度と起きてほしくない」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報