東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

宮司ら切られ3人死亡 江東・富岡八幡宮の境内

男女4人が切られるなどした現場付近を調べる警視庁の捜査員=7日午後10時33分、東京都江東区で(朝倉豊撮影)

写真

 七日午後八時半ごろ、東京都江東区富岡一の富岡八幡宮の境内で、「刃物を持った男女がいる」などと一一〇番があった。警視庁深川署員が駆けつけると、現場周辺で、男女各二人の計四人が切りつけられるなどして倒れており、うち八幡宮の宮司富岡長子さん(58)と、宮司の弟(56)、三十代の女性一人が死亡した。

 警視庁によると、残る一人は、八幡宮専属の宮司の運転手の男性(33)で、軽傷だった。四人はいずれも八幡宮の関係者だった。警視庁は、神社内で何らかのトラブルがあったとみて、経緯を調べるとともに、身元の確認を急いでいる。

 署によると、富岡さんと運転手が車で八幡宮に到着したところ、弟と死亡した女性の二人が刃物を持って襲い掛かったという。

 富岡さんは頭から出血して、八幡宮に面した路上で、弟は腹部から出血して八幡宮境内で、いずれもあおむけに倒れていた。現場周辺には、日本刀のような刃物が落ちていた。

 現場は、東京メトロ東西線の門前仲町駅から東に約五百メートル。マンションや飲食店が並ぶ。

 富岡八幡宮は江戸時代の一六二七年の創建で、江戸三大祭りの「深川八幡祭り」で知られる。江戸勧進相撲の発祥地で、都内有数の参拝客を誇る。

 弟も以前宮司を務めており、富岡さんとの間で宮司の座をめぐって長年トラブルが続いていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報