東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

組み体操事故 和解 生徒後遺症 世田谷区が賠償

 東京都世田谷区立の小学校で二〇一四年、組み体操の練習中に転倒して頭痛などの後遺症が生じたとして、当時小学六年だった中学三年の男子生徒(15)が区と元担任教諭に計約二千万円の損害賠償を求めた訴訟は十一日、生徒と区の和解が東京地裁(鈴木正弘裁判長)で成立した。生徒側は同日、元担任教諭への請求を取り下げた。

 生徒側によると、和解は区が事故に遺憾の意を表し「事故後に生徒に寄り添った対応をする余地があった」と謝罪する内容。一千万円の損害賠償金も支払う。

 生徒は一四年四月、運動会の組み体操の練習で逆立ちした際、転倒して頭や背中を強打。その後、髄液が漏れる「脳脊髄液減少症」と診断された。元担任教諭がマットを敷くなどの安全対策をせず、保健室に運ばなかったと訴えていた。

 生徒の母親の定松啓子さん(47)は和解後に記者会見し「すっきりした気持ちでの和解ではない。息子は後遺症で普通に過ごせない日もあり、悔しい」と話した。世田谷区は「お子さんとご家族につらい思いをさせて申し訳ない」とのコメントを出した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報