東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

日馬富士を書類送検 傷害容疑 県警、起訴求める意見

元横綱日馬富士

写真

 鳥取市内のラウンジで十月下旬、平幕貴ノ岩(27)を素手やカラオケのリモコンで殴り、頭部にけがを負わせたとして、鳥取県警は十一日、傷害容疑で元横綱日馬富士(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身=を書類送検した。起訴を求める「厳重処分」の意見を付けたとみられる。

 書類送検により捜査は一つの節目を迎え、今後は起訴するかどうか、刑事処分を決める鳥取地検の判断が焦点となる。

 事件を巡っては、日本相撲協会の危機管理委員会も調査しており、協会は二十日に臨時の横綱審議委員会と理事会を開き、危機管理委の最終報告を受ける方針。

 元横綱の弁護士は十一日、貴ノ岩関やファン、協会への謝罪とともに「書類送検されたのを機に、貴ノ岩関と師匠の貴乃花親方と慰謝の措置を話し合いたい」とのコメントを出した。

 元横綱は伊勢ケ浜部屋に所属していたが、暴行事件の責任を取って十一月二十九日に引退した。

 捜査関係者によると、元横綱は秋巡業中の十月二十五日夜から二十六日未明にかけて、ラウンジの個室で酒を飲んだ上、貴ノ岩=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃花部屋=を殴り、頭部に十日程度のけがを負わせた疑いが持たれている。

 元横綱は聴取で、暴行の事実を認めている。横綱白鵬が貴ノ岩の態度を注意していた際、貴ノ岩がスマートフォンを操作しようとしたことに腹を立てたという。

 個室では白鵬や横綱鶴竜、関脇照ノ富士らモンゴル人力士と同席していた。

 貴ノ岩は十月二十九日、県警に被害届を提出。「頭蓋底骨折など疑いで全治二週間程度」と診断され、一時入院した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報