東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

乳児同伴市議を厳重注意 熊本市議会

写真

 熊本市議会は十二日、生後七カ月の長男を連れて先月、議会に出席しようとした緒方夕佳(ゆうか)市議(42)=写真=に対し、議会のルールに抵触し議事進行を妨げたとして、議長名の文書で厳重注意した。市議は「(開会が遅れ)議員の皆さんを待たせたことは申し訳ない」と述べた。

 定例会最終日のこの日、緒方市議は控室で友人に長男を預けて議場入り。議会中、市議は授乳のためいったん席を外したが、十分ほどで戻り表決に参加。閉会後、議長室で議長が緒方市議に厳重注意文書を手渡した。

 議会の傍聴席には緒方市議の応援に訪れた子連れの母親の姿も。六カ月と五歳の女児と座った契約社員の女性(34)は「子育てをする母親を温かい目で見守る社会であってほしい」と話した。

 緒方市議は定例会開会日の十一月二十二日、長男を抱いて議席に座った。議員以外は議場に入れないとする規則に反するとして議長らと押し問答となり、最終的に長男を友人に預けたが、開会が約四十分遅れた。「(子育てと仕事の)両立に悩む多くの声を見える形にしたかった」などと説明していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報