東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

のぞみ台車枠に亀裂 新幹線初の重大事態

台車枠に亀裂が、台車に油漏れが見つかった「のぞみ34号」の13号車=12日夜、JR名古屋駅で(代表撮影)

写真

 博多発東京行きのぞみ34号が十一日に走行中、車両から異臭や異常音がして東海道新幹線名古屋駅で運休となったトラブルがあり、車両を所有するJR西日本は十二日、車体と車軸を固定する鋼製の台車枠に亀裂が、台車に油漏れが見つかったと発表した。

 運輸安全委員会は同日、事故につながる恐れがあったとして二〇〇一年に前身の航空・鉄道事故調査委員会ができて以降、新幹線で初の重大インシデントと認定し、鉄道事故調査官を名古屋駅に派遣した。

 問題の列車は亀裂が拡大する恐れがあるとして名古屋駅のホームに停車中。今後、JR西などが車両を移して詳しい原因を調べる。

 JR西によると、亀裂が見つかったのは先頭から四両目に当たる十三号車で、国土交通省は台車枠が破損すると車軸を固定できず、脱線につながる恐れがあるとしている。

 この他に台車部分では、モーターの駆動を車輪に伝えるための管が黒く変色しており、歯車箱(ギアボックス)付近で油が漏れているのも確認された。

 のぞみ34号は十一日午後一時三十三分に博多駅を出発。同一時五十分ごろ小倉駅を発車した際、客室乗務員らが焦げたようなにおいを確認。車両保守担当の社員が岡山駅から乗車して確認したところ、十三号車付近でうなるような音を聞いたが、走行に支障はないとして運転を続けた。

 しかし、京都駅発車後に再び異臭を認めたため、名古屋駅で車両の床下を点検し、同五時三分に油漏れを発見。乗客約千人は後続の列車に乗り換えた。

<重大インシデント> 航空機や鉄道で起きたトラブルのうち、国土交通省の外局である運輸安全委員会が事故につながりかねないと判断した事態。これまで旅客機の緊急着陸や部品落下のほか、鉄道では走行中の開扉や進入ミスなどが認定されている。該当した場合、事故調査官らで構成される運輸安全委は、中立、公正な立場で原因を調べる。調査結果を基に、再発防止の措置や対策について行政機関や関係者などに勧告・意見を伝え、改善を促す。

写真
写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報