東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「棋士生活で、大きな地点」 羽生「永世七冠」

将棋で史上初の「永世七冠」を達成し、感想などを語る羽生善治竜王=13日、東京都千代田区内幸町の日本記者クラブで

写真

 将棋界史上初の「永世七冠」を達成し、国民栄誉賞の授与が検討されている羽生善治さん(47)=竜王、棋聖=が十三日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見した。「三十年以上の棋士生活で、一つの大きな地点にたどり着くことができ、感慨深い」と達成感を語った。 (樋口薫)

 記者会見は「永世七冠」の達成を受けて行われたが、当日朝に国民栄誉賞検討の一報が流れた。栄誉賞については「今までの受賞者は各界で活躍をされた方ばかりなので、非常に驚いた。検討していただけるだけでもたいへん名誉なこと」と喜びを述べた。同時授与が検討されている囲碁七冠の井山裕太さん(28)を「新しい記録を塗り替え続けているすばらしい棋士」とたたえた。

 年齢を重ねての自身の将棋の変化について聞かれ、「感覚的な経験値が上がったことで、無駄なことを考えず、急所を押さえて手を読むことができるようになった。一方で、記憶力や反射的な対応は難しくなっており、いかにバランスを取るかが課題」と答えた。今後のモチベーションの維持については「現役で六十年以上、現役を続けられた加藤一二三(ひふみ)・九段のような情熱を持って前に進みたい」と述べた。

 自身の半生を振り返り、「たまたま将棋を教えてくれる友達がいて、住んでいる街(東京都八王子市)に将棋クラブがあった。さまざまな幸運が積み重なり、ここまで来ることができた」と謙虚に語った。

 永世称号は同一タイトルを一定数獲得した棋士に贈られる制度。羽生さんは五日に竜王を奪取し、永世竜王の資格を獲得。既に得ていた永世王位など六つと合わせ、制度の存在する七タイトルすべてを制覇した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報