東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

羽生・井山氏に国民栄誉賞 政府検討 将棋、囲碁界で初

(左)井山裕太氏(右)羽生善治氏

写真

 政府は、将棋界史上初の「永世七冠」を達成した羽生善治氏(47)、囲碁で初めて七冠独占を二度果たした井山裕太氏(28)に国民栄誉賞を同時授与する方向で検討に入った。安倍晋三首相が指示した。菅義偉官房長官が十三日の記者会見で明らかにした。実現すれば、将棋界、囲碁界で初めてとなる。羽生氏は東京都内の日本記者クラブで取材に応じ「検討していただけるだけでも名誉なこと」と話し、井山氏は「ただただ驚き、身に余る光栄だと恐縮しています」とコメントした。

 政府は、前人未到の偉業が、将棋や囲碁の発展に寄与し、国民に感動や勇気を与えたと評価した。授与式は年明けになる見通しだ。

 羽生氏は今月五日の竜王戦七番勝負の第五局で、竜王を獲得。現在七つある将棋の永世称号(竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖)全てで称号を手にする「永世七冠」を成し遂げた。

 井山氏は今年十月の名人戦七番勝負の第五局で、名人位を奪還。七大タイトル(棋聖、名人、本因坊、王座、天元、碁聖、十段)全てを保持する全七冠に復帰した。二度、全七冠を同時制覇したのは囲碁、将棋界を通じて初の快挙だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報