東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

米軍ヘリの窓、校庭落下 沖縄・普天間 体育授業中、児童けが

米軍のCH53Eヘリコプター=10月、沖縄県宜野湾市で

写真

 十三日午前十時十五分ごろ、沖縄県宜野湾(ぎのわん)市の市立普天間(ふてんま)第二小学校の運動場に、上空から約一メートル四方の金属製の窓枠が落下した。米軍は、小学校に隣接する米海兵隊普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリコプターの一部だと明らかにした。県などによると、運動場では当時、体育の授業が行われており、児童ら約五十人がいた。四年生の男児一人の左手に小石が当たり、軽いけがを負ったという。

 十三日は、普天間飛行場所属の輸送機オスプレイが名護市沿岸部で不時着、大破した事故から一年。七日にも同小の約一キロ東の「緑ケ丘保育園」に米軍ヘリの部品と同一のものが落下するトラブルが起きており、在日米軍専用施設が集中する沖縄県で、米軍事故への不安や過重な負担を訴える声が改めて強まりそうだ。

 翁長雄志(おながたけし)知事は十三日、現場の小学校を視察後、記者団に「一番守ってあげなければならないのは子どもたちだ。運動場のど真ん中に落ちてきたのは許されない」と述べた。

 宜野湾市の佐喜真淳(さきまあつし)市長は「絶対許されない。言語道断と言わざるを得ない」と批判。菅義偉(すがよしひで)官房長官は、落下を確認した上で「学校関係者のみならず、県民に不安を与えるもので、あってはならない」と述べた。

 宜野湾市では七日午前に、緑ケ丘保育園に、円筒状の物体が上空から落下し、同時刻に米軍のCH53が付近を飛行。防衛省によると、海兵隊はこの物体をCH53の部品と認めたが、落下については否定した。

 普天間飛行場所属のCH53は今年十月、沖縄県東村(ひがしそん)の牧草地で不時着し炎上。二〇〇四年には、隣接する沖縄国際大(宜野湾市)に墜落し、米兵三人がけがをした。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報