東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

重さ7.7キロ 児童から十数メートル 米軍ヘリ窓 校庭に落下

沖縄県宜野湾市の小学校運動場に落下した、米海兵隊のCH53Eヘリコプターの窓。県警の発表によれば重さは7.7キロ=13日、沖縄県警宜野湾署で

写真

 沖縄県宜野湾(ぎのわん)市の小学校運動場に米海兵隊普天間(ふてんま)飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリコプターの部品が飛行中に落下した事故で、県警は十三日、落下物の重さは七・七キロと発表した。アクリル製とみられる割れた透明板が現場で散乱しており、防衛省沖縄防衛局は、操縦席左側の窓が枠ごと落ちたと明らかにした。

 学校などによると、運動場には約六十人の児童がおり、窓は約九十センチ四方で一部が欠けた状態で透明板が残っていた。児童との間の距離は十数メートルとみられ、重大事故に巻き込まれる恐れがあった。米海兵隊は普天間所属の同型機の飛行を見合わせたが、米軍基地への批判が高まるのは必至だ。

 県警は現場を実況見分するとともに、窓を回収し、宜野湾署で調べている。在日米軍の特権的地位を定めた日米地位協定の下、どこまで調べられるかは不透明だ。米海兵隊は、窓が緊急時の乗組員脱出用に設計されていたと明らかにした。

 防衛省は、山本朋広副大臣が十四日、上京する翁長雄志(おながたけし)知事と会談し、福田達夫政務官を沖縄に派遣すると発表した。

 太平洋地域の米海兵隊基地司令官、ロック准将は十三日、県庁で富川盛武副知事に謝罪し、普天間所属の同型機全ての飛行を見合わせていると明らかにした。富川氏は中嶋浩一郎沖縄防衛局長とロック氏に対し、沖縄に配備された全米軍機の緊急総点検と、点検終了までの飛行中止を求めた。

 県警などによると、事故は十三日午前十時十分ごろ発生。飛んだ小石が左腕に当たった男児に目立った外傷はなかった。男児は当初左手に当たり軽いけがを負ったとされていた。宜野湾市教育委員会は、けがはなかったとみている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報