東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

男性 滋賀初の首位 長野陥落 平均寿命 

写真

 平均寿命が最も長い都道府県は男性が滋賀の八一・七八歳、女性は長野の八七・六七五歳であることが十三日、厚生労働省が発表した「二〇一五年都道府県別生命表」で分かった。出生や死亡の統計データを基に五年ごとに作成され今回が十一回目。前回二位の滋賀は初のトップで、長野は二回連続。最下位は男女とも青森(男性七八・六七歳、女性八五・九三歳)だった。前回の一〇年に比べ男女とも全都道府県で平均寿命が延びた。

 厚労省の担当者は、都道府県ごとの差異について「食生活など生活習慣の違いが反映している。滋賀は喫煙率が低く、食塩摂取量が少ないことも要因として考えられる」と説明している。

 男性の二位は、前回まで五回連続で一位だった長野(八一・七五歳)。女性の二位は岡山(八七・六七三歳)で、長野とは〇・〇〇二歳差だった。

 前回、七回連続の女性一位を長野に譲った沖縄は、女性が三位から七位に後退し、男性も三十位から三十六位に順位を下げた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報