東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

2棋士に国民栄誉賞検討 「名誉なこと」「驚き」 

記者会見を終え「玲瓏(れいろう)」と書かれた揮毫(きごう)を手にする羽生善治さん=13日、東京都千代田区で

写真

 政府は、将棋で「永世七冠」を達成した羽生善治さん(47)と、囲碁で二度の七冠独占を果たした井山裕太さん(28)に国民栄誉賞を同時授与する方向で検討に入った。実現すれば、将棋界、囲碁界ともに初めて。二人は記者会見でそれぞれ喜びを語った。(樋口薫)

 羽生さんは同日午前、都内の日本記者クラブで永世七冠達成の記者会見に臨み、「検討していただけるだけでもたいへん名誉なこと。引き続き棋士としてまい進していきたい」と語った。朝のニュースを見た理恵夫人から伝えられ、「今までの受賞者は各界で活躍をされた方ばかりなので驚いた」という。

 井山さんは同日夜、都内のホテルで七冠再制覇の祝賀会に出席後、取材に応じた。「本当に驚いているというのが率直な感想で、信じられない」と予想外だったことを明かし、「羽生先生と私では積み重ねてきたものの数も年月も違う。自分がいただいていいのかというのが正直なところ。身に余る光栄だ」と、恐縮しながら謝意を述べた。

2度目の全七冠同時制覇の祝賀会であいさつする囲碁の井山裕太さん=同日夜、都内のホテルで

写真

 羽生さんは今月五日、通算七期目の竜王を獲得。永世竜王の資格を得て、現在七つある将棋の永世称号(竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖)を史上初めて制覇した。

 井山さんは十月に名人を奪還し、史上初の二度目となる囲碁の七大タイトル(棋聖、名人、本因坊、王座、天元、碁聖、十段)同時制覇を成し遂げた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報