東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

沖縄、党派超え抗議 ヘリ窓落下 県警、普天間立ち入り

米軍普天間飛行場に駐機するCH53Eヘリコプターを調べる沖縄県警の捜査員とみられる関係者ら=14日午前、沖縄県宜野湾市で

写真

 沖縄県宜野湾(ぎのわん)市立普天間(ふてんま)第二小運動場に、隣接する米海兵隊普天間飛行場に配備されているCH53E大型輸送ヘリコプターの操縦席窓が落下した事故を受け、県警は十四日、米軍の協力が得られたとして、普天間飛行場内に立ち入り、事故機の状況を調べた。県警が明らかにした。 

 在日米軍基地の管理権は日米地位協定で米側に委ねられており、今回の調査は異例とみられる。普天間飛行場では、捜査員とみられる数人が米軍関係者らと共に搭乗席近くで窓の状況を確認。県警によると、捜査員が窓の写真を撮るなどした。

 沖縄では、党派を超えて反発が拡大。県政与野党の各党がそれぞれ、防衛省沖縄防衛局で抗議を行い、安全確立までの米軍機による民間地上空での飛行訓練中止などを求めた。

 県警などによると、十三日午前、重さ七・七キロ、約九十センチ四方の操縦席の窓が枠ごと約六十人の児童がいた運動場に落ちた。沖縄防衛局は左側窓としていたが、米軍は県警に右側と説明。児童との距離は十数メートルとみられ、重大事故に巻き込まれる恐れがあった。ただ、米側の協力を今後どこまで得られるかは不透明で、日本側の原因究明は難航する可能性がある。

 翁長雄志(おながたけし)知事は十四日、急きょ上京し、防衛、外務両省で午後に、それぞれの幹部と会談する。事故に抗議し、再発防止を強く求めるとみられる。菅義偉(すがよしひで)官房長官は同日の記者会見で、十五日午後に翁長知事と会談する方向で調整していると明らかにした。

 福田達夫防衛政務官は十四日、沖縄を訪れ、県や宜野湾市、海兵隊の関係者らと相次いで会う。

 普天間第二小の喜屋武(きゃん)悦子校長は、米軍機が運動場上空を飛ばないようにできないか政府に検討するよう求めている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報