東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

宮内庁が政府に伝達 退位式「簡素に」陛下意向

 宮内庁の山本信一郎長官は十四日の定例記者会見で、政府が検討している天皇陛下の退位の儀式について「陛下はできるだけ簡素になさりたいとのお考えを持っている」と明らかにした。外国賓客を招待せず、一般参賀やパレードを行う意向もないという。

 政府は、陛下が二〇一九年四月三十日に退位する際、退位の儀式を行うことを検討。実施されれば、江戸時代の光格天皇以来、約二百年ぶりとなる。山本長官は会見で「内閣官房には、宮殿内で粛々と静かに行いたいとの陛下の気持ちを伝えている」と述べた。

 長官は、退位を実現する特例法が六月に成立したころから、陛下は儀式を簡素に行いたいとの考えを持っていたと明言。一九年五月一日に皇太子さまが即位すると、同じ年の数カ月後という短期間のうちに「即位の礼」が行われることを理由に挙げ、華やかな行事をする考えはないと強調した。

 陛下が即位した際は、一九九〇年十一月十二日に即位の礼の主要儀式「即位礼正殿の儀」が国内外の賓客を招いて宮殿で行われた。その後、天皇、皇后両陛下はオープンカーで皇居から赤坂御所までパレード。同じ月の十八日には即位を記念し、皇居で一般参賀もあった。

 長官は今回、週刊新潮十二月十四日号の記事に「陛下が華やいだ雰囲気で皇居を去りたいお気持ちを持っている」と掲載されたことを受け、退位の儀式に言及。陛下の考えに反するとして、週刊新潮に抗議文を送ったとした上で「国民に大きな誤解を与えることになるので、事実関係を明らかにした」と説明した。

 政府は代替わりに向け、来年一月に準備組織を設置、退位の儀式の在り方などの検討作業を本格化させる。政府関係者によると、退位の儀式の名称は「退位の礼」とする方向で、皇居・宮殿で退位日となる四月三十日の実施を軸に検討している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報