東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「3人で訓練…3人で新しい一日」 金井さん、きょう宇宙へ

打ち上げ前日の記者会見を終え記念写真に納まる宇宙飛行士の(左から)金井宣茂さん、アントン・シュカプレロフさん、スコット・ティングルさん=16日、カザフスタンのバイコヌールで(共同)

写真

 【バイコヌール(カザフスタン)=共同】ロシアのソユーズ宇宙船で17日に宇宙に向かう宇宙飛行士の金井宣茂(のりしげ)さん(41)が16日、カザフスタンのバイコヌールのホテルで同乗する米ロの飛行士2人と共に記者会見し、「3人で訓練してきた。明日が特別な日ではなく、また3人で新しい一日を迎えられるという気持ちだ」と心境を語った。

 金井さんは初飛行。3人が乗るソユーズ宇宙船は17日午後1時21分(日本時間午後4時21分)ごろ、国際宇宙ステーションに向け、バイコヌール宇宙基地からソユーズロケットで打ち上げられる。

 金井さんは、紹介されて立ち上がると、手を振って満面の笑みを浮かべた。

 ステーションに滞在する期間が当初予定の来年4月中旬から6月初めまで延長されたことについて「より多くの経験を積んで戻ってこられるのがうれしい」と話した。

 宇宙の暮らしは「必要なものは全て準備されている。普段の生活と変わらないので寂しくならない」ときっぱりと答えた。他の国の飛行士と関係を築くこつは「きょうだいのような存在。国に関係なく一緒に働くことが最も重要だ」と語った。

 ステーションには19日午後に到着。5カ月半の間、マウスの飼育や、新薬の開発に役立つとされるタンパク質の結晶を作る実験などに取り組む。

 金井さんは元海上自衛隊の医師。日本人の宇宙飛行は12人目となる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報