東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ヘリ窓落下「人為ミス」 米軍、飛行再開方針伝達

 米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプターから小学校運動場に窓が落下した事故で、米軍が事故原因について「操縦士の人為的ミスだった」と、日本政府と県に伝えていたことが十七日、分かった。政府と県の関係者が明らかにした。県関係者によると、原因が判明したとして安全点検のために見合わせていた同型機の飛行を近く再開させる方針も伝達したという。

 関係者によると、米軍関係者が十八日にも、窓が落下した宜野湾市立普天間第二小で同小関係者に直接謝罪する方向で調整が進んでいるが、人為ミスの具体的な内容は不明のまま。沖縄では小学校が巻き込まれた今回の事故への懸念が強く、事故から一週間が経過しない中での飛行再開方針表明に、反発がさらに強まりそうだ。

 米軍は「操縦士が操作手順を間違えていた」と政府などに伝えてきたという。県幹部は取材に、飛行再開方針は「到底受け入れられない」と強い憤りを示した。

 米軍は十八日に事故原因や飛行再開について正式に発表する見込み。

 事故は十三日午前に発生。重さ七・七キロ、約九十センチ四方の窓が枠ごと普天間第二小の運動場に落ちた。運動場では当時、体育の授業が行われており、五十四人の児童がいた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報