東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ヘリ窓落下 米軍、小学校に謝罪 翁長知事、飛行再開に反発

沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小を訪れた米海兵隊のクラーク大佐(中央)ら=18日午前

写真

 沖縄県宜野湾(ぎのわん)市の市立普天間(ふてんま)第二小学校に米軍大型輸送ヘリコプターCH53Eの操縦席窓が落下した事故で、米海兵隊太平洋基地政務外交部長のクラーク大佐は十八日、同校を訪れ「学校、地域に計り知れない不安を与え、おわびする」と謝罪した。隣接する米軍普天間飛行場の飛行ルールを再検討し、米軍機が最大限、学校上空を飛ばないようにすると米軍内で確認したことも伝えた。

 富川盛武副知事は事故同型機の飛行再開方針に関し、同日中に発表すると米軍から連絡があったことを明らかにした。菅義偉官房長官は記者会見で、飛行再開に関し「安全確保が大前提だ。安全面で最大限配慮し、地域住民への影響を最小限にするよう米側に求めたい」と述べた。

 市教育委員会によると、クラーク大佐は喜屋武(きゃん)悦子校長との面会で、事故を起こした同型機の安全点検と搭乗員に対する教育については徹底できたとの認識を表明。喜屋武校長は学校上空の飛行について「子どもの命を預かっており、最大限の回避では納得できない」と禁止を要求。文書による回答も要請した。市教委側は公開の場での謝罪を求めたが、調整の結果、非公開とされた。

 翁長雄志(おながたけし)知事は飛行再開に関し「本当にとんでもないことだ。(飛行再開を止められない政府は)当事者能力がない」と批判。「もう米軍は良き隣人ではない」とも指摘した。県庁で記者団に語った。米側は事故原因について、操縦士の人為的なミスであると日本側に示しており、沖縄では「短期間での再開は納得できない」と反発の声が広がった。

◆「再発防止の説明不十分」防衛相

 小野寺五典防衛相は十八日、米軍ヘリコプターの同型機の飛行再開方針に関し「再発防止についての十分な説明を受けていない」と述べ、是非の判断は米側説明後にしたいとの考えを示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報