東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

退位後の仮住まいは高輪 1年半滞在、東宮御所へ 宮内庁発表

退位後、天皇、皇后両陛下が仮住まいされる高輪皇族邸=18日午後、東京都港区で

写真

 宮内庁は十八日、天皇陛下が二〇一九年四月三十日に退位された後、皇后さまと共に高輪皇族邸(旧高松宮邸、東京都港区)に仮住まいされると発表した。仮住まいの期間は引っ越しから一年半以内としている。

 宮内庁は代替わり後、皇居・御所へ新天皇ご一家となる皇太子ご一家が入り、両陛下の住まいは赤坂御用地内の東宮御所(同区)とする方針。両陛下が上皇、上皇后(じょうこうごう)となって移り住んだ後の東宮御所は、名称を近代以前に上皇の住まいを意味した「仙洞(せんとう)御所」と呼ぶ見込み。

 皇居・御所、東宮御所はいずれも改修が必要で、宮内庁はその間の仮住まいとして複数の皇室施設を候補に検討を進めていた。皇太子ご一家が先に東宮御所を出て仮住まいする案もあったが、同庁の西村泰彦次長によると、両陛下は「新天皇と皇后が円滑に務めを始められるよう、できる限り早く御所へ移ることが望ましい」との意向を示し、高輪皇族邸での仮住まいを了承した。

 御所は両陛下が退去後、直ちに改修工事に着手する。その間、新天皇、皇后となった皇太子ご夫妻は東宮御所から皇居へ通う。新天皇ご一家が御所に移った後、東宮御所は高齢の両陛下の生活に備えてエレベーターを設置するなどバリアフリー化する。

 皇太子待遇の「皇嗣(こうし)」となる秋篠宮さまとご一家は、現在の宮邸を引き続き使う。ただ、手狭で老朽化が進み、今後は活動内容の拡大も予想されるため、宮邸の改修、増築や隣接する皇族共用施設の赤坂東邸を宮邸の一部として活用するなどの拡充を進め、二〇年度中に整備を終える。

 宮内庁は、高輪皇族邸の改修費や御所と東宮御所を改修するための設計費など関連経費の一部を、一八年度当初予算案に盛り込む。

 高輪皇族邸は一九七三年に高松宮邸として建てられ、地上一階、地下一階建てで延べ床面積は約千五百九十平方メートル。高松宮妃喜久子さまが二〇〇四年十二月に死去した後は空き家となっている。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報