東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

犯行時19歳の死刑執行 92年の市川一家4人殺害

 法務省は十九日、一九九二年に千葉県で一家四人を殺害し、強盗殺人罪などに問われた関光彦(てるひこ)死刑囚(44)=東京拘置所=と、九四年に群馬県で三人を殺害し、殺人などの罪に問われた松井喜代司(きよし)死刑囚(69)=同=の刑を同日午前に執行したと発表した。上川陽子法相が命令した。関死刑囚は犯行当時十九歳の少年で、関係者によると元少年の死刑執行は、九七年の永山則夫元死刑囚=当時(48)=以来。二人とも再審請求中だった。

 今年七月には、スナックの女性経営者四人を殺害した警察庁指定119号事件の西川正勝元死刑囚ら二人が執行されている。第二次安倍政権以降では、計二十一人の死刑執行となった。刑事施設に収容されている確定死刑囚は百二十二人になった。

 上川氏は十九日に記者会見し「いずれも極めて残忍で、被害者や遺族にとって無念この上ない事件だ。裁判所で十分な審理を経て死刑が確定した。慎重な検討を加え、執行を命令した」と述べた。

 確定判決によると関死刑囚は九二年三月、千葉県市川市の会社役員=当時(42)=宅に押し入り、役員の母=同(83)=を絞殺。その後、帰宅した妻=同(36)=と役員本人、次女=同(4つ)=を次々と刺殺。当時十五歳の長女にもけがをさせて約三十四万円を奪うなどした。

 一審千葉地裁は九四年八月、永山元死刑囚の事件で最高裁が示した死刑の適用基準に沿って検討した上で、求刑通り死刑を言い渡し、二審東京高裁も支持。最高裁は「少年だったことなどの事情を考慮しても死刑はやむを得ない」として上告を棄却し、二〇〇一年十二月に死刑が確定した。

 松井死刑囚は九四年二月、群馬県安中市で交際相手の女性=当時(42)=の顔などをハンマーで殴り殺害。さらに女性の実家に押し掛けて、父親=同(69)=と母親=同(65)=も次々に殴り殺した上、妹らも殺そうとした。

 日弁連は昨年十月七日、福井市で人権擁護大会を開き、二〇年までの死刑制度廃止と、終身刑の導入を国に求める宣言を採択。組織として初めて廃止目標を打ち出した。

 <お断り> 千葉県市川市の一家四人殺害事件で強盗殺人などの罪に問われ、十九日に死刑が執行された関光彦死刑囚について、本紙はこれまで少年法の理念を尊重し死刑が確定した際も匿名で報じてきました。しかし、刑の執行により更生の可能性がなくなったことに加え、国家が人の命を奪う究極の刑罰である死刑の対象者の氏名は明らかにするべきだと考え、実名に切り替えます。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報