東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

東京五輪 多才8人で演出 「三丁目の夕日」山崎貴監督など

写真

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピック組織委員会は二十日、東京都内で理事会を開き、大会のハイライトの一つとなる開会式と閉会式の演出を手掛ける「四式典総合プランニングチーム」を立ち上げ、メンバーに映画監督で「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどで知られる山崎貴氏ら八人を選んだ。五輪とパラリンピックの開閉会式を一連の四部作と捉え、起承転結のストーリーを考える重要な役割を担う。

 チームは来年夏をめどに基本プランを取りまとめた上で各式典の監督が選任される予定。中心的な立場を期待される山崎氏も監督の有力候補となる。組織委は「四式典の一体化を図る上で、総合監督に代わる役割がこのチーム」と説明した。

 クリエーティブディレクターの佐々木宏氏や菅野薫氏、音楽家の椎名林檎さん、人気女性グループ「Perfume」(パフューム)の振り付けを手掛けるMIKIKOさんも入った。四人は人気ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」のマリオに扮(ふん)した安倍晋三首相が登場して話題となった昨年のリオデジャネイロ五輪閉会式のアトラクションに関わった企画・演出チームの一員だった。

 伝統芸能の分野から狂言師の野村萬斎さんも選ばれた。アニメ映画「君の名は。」の製作に携わった映画プロデューサーの川村元気氏、障害者の芸術活動などに造詣が深いクリエーティブプロデューサーの栗栖良依さんも名を連ねた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報