東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

中1自殺「いじめ一因」 福島の第三者委が認定

 福島県須賀川市で今年一月、いじめを受けていた市立中一年の男子生徒=当時(13)=が自殺した問題で、市教育委員会の第三者委員会は二十五日「いじめが大きな一因となって自死を選択した」との調査結果を公表した。

 第三者委によると、男子生徒は同じクラスの男子九人に「触れると『菌』がつく」とからかわれたり、部活内で「ごみ」を付けたあだ名で呼ばれたりしていた。学習面などでも学校によくなじめず、ストレスを抱えていたという。

 こうした事実を踏まえ、第三者委は「いじめを受けたことにより、自死に至った」と認定。学校側はいじめた生徒に指導するなど対策はしていたが「その後の見守りが必要だった」と指摘した。

 調査結果を受け、市教委の柳沼直三教育長は「いじめの防止対策が不十分だった。二度とこのような悲しい事案を起こさないため、何ができるか考えていきたい」と話した。

 男子生徒は昨年七月と十二月、学校のアンケートなどで同級生に悪口を言われ、からかわれていると訴えていた。学校側は十二月のアンケート後、関係した生徒を指導、いじめは解消したと判断したが、男子生徒は今年一月二十七日朝、自宅で首をつって自殺しているのが発見された。

 市教委はいじめと自殺の因果関係を調べるため第三者委を設置。第三者委は三月に調査を始め、生徒や教職員への聴取などを行っていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報