東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

裁判官が「不適切ツイッター」 女子高生殺害事件 遺族、東京高裁へ抗議

 東京都江戸川区で二〇一五年、都立高三年の岩瀬加奈さん=当時(17)=が殺害された事件に関し、東京高裁の岡口基一(きいち)裁判官(51)が「無惨にも殺されてしまった」などとツイッターに投稿し、加奈さんの両親が二十六日、被害者の尊厳への配慮が全くないなどとして処罰を求める要望書を高裁に提出した。

 事件では、東京高裁が今月一日の判決で、強盗殺人などの罪に問われた無職青木正裕被告(31)=上告中=を無期懲役とした一審東京地裁判決を支持し、被告の控訴を棄却した。

 要望書などによると、岡口裁判官は十五日、高裁の判決文が掲載された裁判所のホームページ(HP)のアドレスとともに「首を絞められて苦しむ女性の姿に性的興奮を覚える性癖を持った男」「そんな男に、無惨にも殺されてしまった十七歳の女性」とツイッターに投稿した。事件の審理には関わっていない。投稿は削除されている。

 加奈さんの母裕見子(ゆみこ)さん(49)は取材に「事件をちゃかしているように感じる。現職裁判官の行為として信じられず、許せない」と話した。高裁の吉崎佳弥事務局長は「要望書の内容を精査し、事実関係を確認して適切に対処したい」とコメントした。

 高裁によると、性犯罪などの判決文は裁判所の取り決めで本来はHPに掲載されない。高裁は遺族代理人から指摘を受けて削除した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報