東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

<築地を刻む 移転まで>最後の年の瀬

写真

来年10月に営業を終える築地市場が1935(昭和10)年の開設以来、最後の年の瀬を迎えた。カズノコ、イクラなど高級食材を並べた場内の店がごった返している。当初、昨年11月の豊洲市場移転を予定していたが、小池百合子都知事の延期表明で、約2年遅れとなった。仲卸「神奈辰(かなたつ)」の粟竹俊夫社長は「年の瀬に、2年前と同じ深い思いはない。次の世代が頑張ってもらえるようになればいい」と話した。今年最後の営業は30日。新年は1月5日にマグロの初競りなどがある=27日、東京都中央区で(隈崎稔樹撮影)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報