東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ワンセグ携帯も「受信契約義務」 NHK訴訟で東京地裁

 東京都葛飾区の立花孝志区議が、ワンセグ機能付き携帯電話を持つ人にNHK受信料の契約義務があるかどうかを争った訴訟の判決で、東京地裁は二十七日、義務があると判断し、受信料の返還を求めた立花区議の請求を棄却した。NHKによると、同種訴訟は他に四件あり、うち三件は一審でNHKが勝訴(一件は確定)。残り一件は、さいたま地裁が昨年八月に契約義務はないと判断したため、NHKが控訴している。

 放送法六四条は、受信設備を設置した者は契約義務があると規定。鈴木正紀裁判長は「放送法の『設置』とは受信機を管理、支配するという観念的、抽象的な意味と解するのが相当」と指摘し、ワンセグ機能付き携帯電話を持つ人も受信設備の設置者だとした。

 NHKは「主張が認められたと受け止めている」とのコメントを出した。立花区議は取材に、控訴する意向を示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報