東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

耐震・国宝館 荘厳さも一新 興福寺、報道陣に公開

リニューアルし、報道陣に公開された国宝館。左端は阿修羅像=28日午前、奈良市の興福寺で

写真

 奈良市の興福寺で二十八日、耐震改修工事を終えリニューアルした国宝館が報道陣に公開された。拝観は来年一月一日からで、奈良、平安、鎌倉各期の仏像や名品が一年ぶりに一堂に会する。

 高さ約五メートルの千手観音菩薩立像(せんじゅかんのんぼさつりゅうぞう)や、絵画と彫刻の要素がある板彫十二神将立像(いたぼりじゅうにしんしょうりゅうぞう)(いずれも国宝)は久々の登場。工事の間、東金堂や仮講堂に移されていた銅造仏頭や阿修羅(あしゅら)像も安置される。

 国宝館は僧侶が食事をする「食堂(じきどう)」があった場所に、一九五九年に建てられた。工事では壁を増やして耐震性を上げたり、仏像を安置する須弥壇(しゅみだん)を強化したりしたほか、レイアウトや照明を工夫し、より荘厳な雰囲気を作り出した。

 拝観は年中無休で午前九時〜午後五時。拝観料は一般七百円。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報