東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「歌舞伎の力になると信じ」 十代目・幸四郎さん 親子三代襲名

襲名披露口上であいさつする(右から)松本幸四郎改め二代目松本白鸚さん、市川染五郎改め十代目松本幸四郎さん、松本金太郎改め八代目市川染五郎さん=2日午後6時12分、東京都中央区の歌舞伎座で(毎日新聞代表撮影)

写真

 東京・歌舞伎座の「寿初春大歌舞伎」が二日に初日を迎え、歌舞伎の名門、松本幸四郎家の親子三代が父の名跡を継承する襲名披露興行が始まった。市川染五郎さん(44)は「十代目幸四郎」を襲名、夜の部の口上で「自分のつとめる歌舞伎が歌舞伎のための力となると信じ、天に向かって舞台に立ち続ける所存です」と抱負を述べた。

 父の九代目幸四郎さん(75)は「二代目松本白鸚(はくおう)」を襲名し、口上で「父(故初代白鸚さん)も、さぞ喜んでいることと存じます」と喜びを語った。二人は一九八一年にも初代白鸚さんと親子三代で同時に襲名。今回、三代襲名が再びかない、歌舞伎界でもまれな慶事が実現した。

 十代目幸四郎さんの長男松本金太郎さん(12)は「八代目染五郎」を襲名。「なお一層、芸道に精進いたします」とあいさつした。客席からは家の屋号「高麗(こうらい)屋!」などと掛け声が上がり、盛大な拍手が湧いた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報