東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

日馬富士、罰金50万円 暴行事件略式命令

元横綱日馬富士

写真

 大相撲の元横綱日馬富士の暴行事件で、傷害罪で略式起訴された元横綱に対し、鳥取簡裁は四日、罰金五十万円の略式命令を出した。傷害罪での上限額で、命令書の謄本を同日送付した。元横綱は暴行を認めており、近く納付する見通し。 

 事件後に貴ノ岩が鳥取県警に被害届を提出。元横綱は昨年十二月十一日に傷害容疑で書類送検され、同二十八日、略式起訴されていた。双方の間で示談は成立していない。

 起訴内容や捜査関係者によると、元横綱は秋巡業中の昨年十月二十六日未明、鳥取市内にあるラウンジの個室で、酒を飲んだ状態で貴ノ岩の顔を平手で多数回、頭部をカラオケのリモコンで数回殴打し、約十二日間の裂傷を負わせたとしている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報