東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

星野仙一さん死去「ファンの苦労癒やしたい」 愛する野球で被災地に歓喜

 四日に死去した星野仙一さんは二〇一三年にプロ野球楽天を初のリーグ優勝と日本一に導き、東日本大震災の被災地となった東北に歓喜をもたらした。昨年十一月二十八日に行われた野球殿堂入りを祝う会で「ずっと野球と恋愛してきて良かった。もっともっと野球に恋をしたい」とあいさつした。野球を通じて夢を与え続けた七十年の人生だった。

 楽天の監督就任一年目に震災が起き、日常の景色が一変する中、全力を尽くした。レギュラーシーズンで24勝0敗の田中将大(まさひろ)投手(現ヤンキース)を擁して日本シリーズで宿敵の巨人を倒した。

 3勝3敗で迎えた第七戦、3−0とリードして九回を迎えると、ちゅうちょすることなく前日160球を投げて完投負けした田中投手の名前を球審に告げる。「(第六戦が)情けない投球だったので、出番がもらえるならいつでもいく」と救援の機会を待っていたエースの心意気をくみ「最後はあいつがふさわしい」と送り出した。

 本拠地仙台のファンは主役の登場を総立ちで迎え、大歓声を受けた田中投手は無失点で日本一をつかみとった。

 〇五年の球団創設当初から低迷が続いた楽天の初の栄冠は、星野監督自身にとっても、現役時代からの宿敵巨人を倒して手にした初の日本一だった。

 場内インタビューでは「大震災でご苦労なさっているみなさんを見ると、日本一になって癒やしてあげたい、それしかないと信じてこの三年間戦ってきました。ほんの少しでも、すずめの涙でも癒やしてあげられたらといつも考えていました」と話した。

 副会長を務めていた楽天球団によると、息を引き取る直前まで「コーチ会議に出られるかな」と話していたという。最後まで野球への情熱は薄れることはなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】