東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

慕われるベテランが薬物混入 別選手にも妨害行為 カヌー連盟除名へ

 昨年九月に開催されたカヌーのスプリント日本選手権(石川県小松市)で、鈴木康大選手(32)=福島県協会=がライバルの小松正治選手(25)=愛媛県協会=の飲み物に禁止薬物を混入させ、小松選手がドーピング検査で陽性となった問題で、日本カヌー連盟は九日、鈴木選手を定款上、最も重い除名処分とする方向となった。三月にも理事会に提案する。石川県警も捜査に着手した。

 同連盟の古谷利彦専務理事によると、小松選手の陽性反応を知った鈴木選手が昨年十一月、電話で混入を認めた。二〇一〇年ごろから国内大会や日本代表の海外遠征中にパドルの破損や紛失、現金の盗難などが度々発生。鈴木選手は一部への関与を認め、小松選手以外への妨害行為も証言したという。

 禁止物質を含むサプリメントの錠剤は、昨年八月中旬の海外遠征中にインターネットで購入したことも分かった。

 石川県警は禁止薬物混入のほか、競技で使用する道具を盗まれたとする被害届を小松選手から受理した。古谷専務理事は、理事会の開催時期について「(捜査が)終わり次第、速やかに」と述べた。

 連盟はドリンク保管所を大会中に設置するなどの再発防止策も発表した。

 この問題で、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は鈴木選手に八年間の資格停止処分を科し、暫定的に資格停止となっていた小松選手の処分は解除した。

◆真っ先に被害相談した相手が…

 鈴木選手は日本選手権の1000メートルで優勝を果たすなどエキスパートとして知られる。チェコで開かれた昨夏の世界選手権では日本代表として出場。日本カヌー連盟の古谷利彦専務理事は「福島のジュニアやキッズに教えていた。指導者の側面もあった」と話す。

 代表選手の中でも三十二歳とベテランの域に達し、「康さん」と呼ばれて周囲に慕われ、時には後輩に助言することもあった。春園長公(おさひろ)常務理事は鈴木選手と小松選手の関係について「非常に仲が良かった」と説明。小松選手はドーピング検査で昨年十月二十日にA検体の陽性が分かると、すぐに鈴木選手に電話をかけて相談したほど信頼を置いていた。鈴木選手をよく知る連盟関係者も「競技のマナーもいいし、あいさつもきちんとしていた」と語る。

 同十一月十七日の強化合宿では、連盟側が実名を出さずにA検体の陽性反応が選手内から出たことを報告し、アンチ・ドーピングの理念の啓発を行った。その際、鈴木選手は「内部の犯行ではない。仲間にはいない」とかばうような発言を一番強い口調で訴えていたという。

 連盟側の調査に対し、鈴木選手は「私の愚かで弱い部分があった」と述べた。これまで五輪経験がないだけに、古谷専務理事は「地元での五輪にぜひ出たいという焦りがあったと思う」と指摘した。 (磯部旭弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報