東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

薬物混入「反省して」 カヌー・小松選手「まさか日本で」

禁止薬物を混入されたことなどについて話す小松正治選手=10日午前、石川県小松市で

写真

 昨年九月のカヌー、スプリント日本選手権で飲み物に禁止薬物を混入されてドーピング検査で陽性となり、その後暫定的な資格停止処分を解除された小松正治選手(25)=愛媛県協会=が十日、日本代表の合宿先である石川県小松市内で取材に応じ、混入した鈴木康大選手(32)=福島県協会=について「やってしまったことが重大なので仕方ない。今は反省をしてほしい」と話した。

 小松選手はその上で「自白してくれなかったら資格停止処分のままだった。そこに関しては感謝したい」と付け加えた。冒頭では「まさか日本でこういうことがあるとは思わなかった」と語るなど、終始硬い表情だった。

 鈴木選手は日本アンチ・ドーピング機構(JADA)から八年間の出場停止処分を受けた。

 JADAに、一度は暫定的な資格停止処分を科された小松選手は「東京はもう無理だ、という絶望感があった」という。この事実を真っ先に鈴木選手に伝えると「取りあえず日本カヌー連盟に相談したら」と返答されたという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報