東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

小松選手の用具も盗む 鈴木選手、文書で謝罪

鈴木康大選手

写真

 日本カヌー連盟の春園長公常務理事は十日、昨年九月のカヌー・スプリントの日本選手権でライバルの小松正治選手(25)=愛媛県協会=の飲み物に禁止薬物を混入させ、八年間の資格停止処分を受けた鈴木康大選手(32)=福島県協会=が、連盟の聴取に対し、小松選手のパドル(櫂(かい))を盗み、拠点とする福島県二本松市の漕艇(そうてい)場に隠していたと認めていることを明らかにした。

 鈴木選手は同日、代理人の弁護士を通じて文書を公表し「実力がないのにもかかわらず、努力することを怠り、アスリートとして、また社会人としてあるまじき行為をした」と一連の騒動について謝罪した。

 鈴木選手の直筆文書は九日付。「ドーピング検査で陽性反応が検出されるサプリメントを投与したことに間違いありません」と認め、小松選手に「いわれのない嫌疑を与えてしまい本当に申し訳ございませんでした」とわびた。小松選手が薬物混入や競技道具の盗難被害を石川県警に相談している点には「(警察の捜査に)全面的に私の責任に違いないことをお話ししています」と説明した。県警は盗難被害については被害届として受理している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報