東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

香川、高病原性鳥インフル 今季初、養鶏9万羽を処分

写真

 香川県は十一日、さぬき市の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザの疑い事例について、H5型の高病原性と確認したと発表した。ウイルスの遺伝子を再検査した結果、陽性と判明したもので、家畜での確認は全国で今季一例目、四国での発生は初めて。県などは、この養鶏場などで飼育中の鶏約九万二千羽の殺処分を始め、二十四時間以内に完了する方針。

 安倍晋三首相は「関係各省が緊密に連携し、徹底した防疫措置を迅速に進めること」などと指示、政府は十二日午前、対応を協議する「鳥インフルエンザ関係閣僚会議」を開く。香川県は十一日、防疫措置などに関する鳥インフルエンザ対策本部会議を開催した。

 県は十日に実施した最初の遺伝子検査で結論を明確に出せず、十一日に県と農林水産省が再検査のため鶏から血液などの検体を再び採取し、検査していた。

 県は感染拡大防止のため、この養鶏場とその半径三キロ圏内にあるさぬき市の八農場に鶏や卵などの持ち出しや持ち込みを禁じる「移動制限」を、同三〜十キロ圏内にある県内十八農場に持ち出しを禁じる「搬出制限」を設定した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報