東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

井の頭池、水抜いて…魚みっけ! 市民ら3度目かいぼり

かいぼりのため水抜き作業が行われている井の頭公園の池から、生物を集める参加者=13日午前、東京都武蔵野市で

写真

 池の水を抜く「かいぼり」が十三日、東京都立井の頭恩賜公園(武蔵野市、三鷹市)の井の頭池で行われ、大勢の市民ボランティアが池に入って魚などを捕獲した。十四日にも捕獲を行った後、今月下旬から三月初旬にかけて池の底を天日干しにする。

 「かいぼり」は水質改善と生態系の回復が目的。井の頭公園では二〇一七年の開園百周年に合わせ、都などが一三、一五年度に実施し、今回が三度目。ブルーギルなど外来種が駆逐されるとともに、池の透明度が増したことで、絶滅危惧種の水草イノカシラフラスコモが復活するなど、成果を挙げてきた。

 昨年末から排水が始まり、現在はひざ下ぐらいの深さに。市民ボランティア「かいぼり隊」と「おさかなレスキュー隊」のメンバーら約百人が池に入り、網やタライで魚を追い込みながら、モツゴやナマズ、カメなどを捕獲した。岸辺ではスタッフが在来種と外来種に分け、一匹ずつ種類や大きさなどを記録した。

 父親と参加した三鷹市の小学四年生、橋爪怜央(れお)君(10)は「たくさん外来魚を駆除して、池の環境をもっとよくしたい」と話していた。都は今後も数年おきに「かいぼり」を行う予定。 (鈴木貴彦)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報