東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

センター試験に58万人 冷え込む朝 挑戦スタート

大学入試センター試験に臨む受験生=13日午前、東京都文京区の東大で

写真

 本格的な入試シーズンの幕開けとなる大学入試センター試験が十三日、全国の六百九十五会場で始まった。日程は十四日までで、志願者数は前年度より六千七百四人増の五十八万二千六百七十一人。新潟市では大雪の影響で試験開始が遅れた会場もあった。大学・短大は八百四十八校が参加し、うち大学は過去最多の六百九十七校に上る。参加大学の内訳は国立が八十二校、公立八十九校、私立五百二十六校。短大は百五十一校が利用する。

 強い冬型の気圧配置の影響で、日本海側では大雪となった地域もあった。新潟市の新潟大と日本歯科大の二会場では、積雪で交通機関に乱れが生じたため、試験全体の開始時刻を一時間繰り下げた。横浜国立大や滋賀大など、横浜市や滋賀県の計五会場の一部試験室でも、電車の遅延により三十分から一時間の繰り下げがあった。

 北海道白老町のJR室蘭線で踏切事故があり、列車で試験に向かう受験生四人を道警がパトカーで会場の室蘭工業大(室蘭市)まで運んだ。四人は、いずれも試験を受けられた。

 センターは、過去にパトカーで受験生を送ったケースは聞いたことがないとしている。

 初日は地理歴史と公民、国語、外国語で、英語はICプレーヤーを使うリスニング試験もある。

 受験生のうち、高校などを今春卒業予定の現役生は千七百二十八人増の四十七万三千五百七十人で81・3%を占めた。既卒者も四千八百三十人増の十万三千九百四十八人(17・8%)で四年ぶりに十万人を超えた。文部科学省は定員超過した私大への対応を厳しくしており、昨年の入試で有力私大が合格者を絞った影響もあるとみられている。高校卒業程度認定試験(旧大検)合格者らは0・9%。

 得点調整は、地理歴史と公民、理科の一部科目間で平均点に二十点以上の差があった場合に行うが、受験者数が一万人未満の科目は対象外となる。平均点の中間発表は十七日、得点調整の有無の発表は十九日、平均点の最終発表は二月一日の予定。

 十四日は理科と数学を実施する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報