東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

藤井四段、名人破る 公式戦初 次は羽生二冠と対戦

写真

 将棋の最年少棋士で中学3年の藤井聡太四段(15)が14日、名古屋市東区であった朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメントで、佐藤天彦名人(29)に勝ってベスト4入りした。タイトル保持者との公式戦も、勝利も初めて。準決勝は2月17日に東京都内で行われ、昨年永世七冠を達成した羽生善治二冠(47)と公式戦で初めて対決する。

 本戦は予選を勝ち抜いたトップ棋士ら16人が出場し、持ち時間各40分の早指しで戦った。藤井四段は1回戦で澤田真吾六段(26)に、後手番で「角換わり」の戦型から鋭い寄せで54手までで勝利。永瀬拓矢七段(25)を破った佐藤名人と準々決勝で対戦し、先手番で「横歩取り」の戦型から優位に立って121手までで快勝した。

 タイトル戦以外の一般棋戦優勝の最年少記録は、加藤一二三・九段(78)が1955年に六・五・四段戦(現在は終了)で達成した15歳10カ月。藤井四段が朝日杯で優勝すれば、15歳6カ月で新記録となる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報