東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

犬猫から感染、初の死者 厚労省が注意呼びかけ

 ジフテリアに似た犬や猫からの細菌感染症「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」で二〇一六年に国内初の死亡例が出ていたことが十五日分かった。年によって数件の感染例があり、厚生労働省は都道府県や医師会、獣医師会に注意を呼びかけている。

 この細菌は人と動物の両方に感染し、人では喉の痛みやせきなど風邪に似た症状が出るが、抗菌薬で治療できる。ジフテリアは子どもの予防接種の対象で、多くの人は今回の感染症への防御力も持っているとみられる。

 国内では〇一〜一六年に主にペットからの感染が疑われる患者が二十五人見つかっている。地域は北海道から九州にわたる。一六年には屋外で三匹の猫に餌をやっていた福岡県の六十代女性が呼吸困難になり死亡。治療の遅れが影響したとみられる。

 ペットが感染すると、くしゃみや鼻水などが出ることが知られており、早めに獣医師にかかることが必要。症状が出ないまま菌を持っていることもあり、厚労省は「弱った動物に触れた後は手を洗い、感染の危険性を減らしてほしい」としている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報