東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ICAN事務局長 首相と面会断られる

 昨年のノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN(アイキャン))が安倍晋三首相に、来日中のベアトリス・フィン事務局長(35)との面会を要請していたが、政府から日程の都合を理由に断られていたことが十五日、ICANの主要運営団体「ピースボート」への取材で分かった。

 ICANは広島、長崎の被爆者と連携して核兵器の非人道性を訴え、核兵器の使用や保有などを全面的に禁止する核兵器禁止条約の国連での採択に尽力したとして昨年十二月、平和賞を受賞した。同条約については核保有国の米国などが反対しており、米国の「核の傘」に依存する日本も参加していない。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は十五日の記者会見で、面会を断ったことについて「日程の都合上だ。それ以上でも、それ以下でもない」と述べた。フィン氏は訪問先の広島市で「がっかりした。大変残念だ」と話し、被爆国として核保有国と非保有国との「橋渡し役」を自任する日本政府と「二度と同じ惨状を起こさないため、何をすべきかを一緒に話したかった」とした。

 ピースボートによると、ICANは昨年十二月下旬から内閣府を通じて二回、安倍首相との面会を求めたが、外務省から今月十四日までに「日程の都合が合わず面会できない」と回答があった。安倍首相は欧州歴訪のため十二日に日本を出発しており、十七日に帰国する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報