東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

逗子ストーカー賠償命令 住所漏えい 市に110万円

 神奈川県逗子市で二〇一二年に起きた逗子ストーカー殺人事件で、刺殺された三好梨絵さん=当時(33)=の住所を当時の市職員が加害者側に漏らしたのはプライバシー侵害に当たるなどとして、三好さんの夫(47)が市に一千百万円の慰謝料を求めた訴訟で、横浜地裁横須賀支部(前沢功裁判長)は十五日、市に約百十万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 訴状によると、三好さんは一一年六月、元交際相手の男からストーカー行為を受けているとして、市に個人情報の閲覧制限を申し出た。だが市納税課の職員は一二年十一月、男の依頼を受けた探偵業者が三好さんの夫を装って電話をかけてきた際、三好さんの住所を伝え、三好さんは翌日に自宅で男に刺殺された。夫は「命に関わる情報を漏えいした」と主張していた。

 市側は情報を漏えいした過失があったとして賠償責任を認める一方、「三好さんが殺害されたことに因果関係はない」と主張し、賠償額を争っていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報