東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「命に関わる情報漏えい」 逗子ストーカー市に賠償命令

 神奈川県逗子市で二〇一二年に起きたストーカー殺人事件で刺殺された三好梨絵さん=当時(33)=の住所を加害者側に漏らしたとして、市に百十万円の賠償を命じた十五日の横浜地裁横須賀支部の判決は、三好さんの夫(47)の主張をほぼ全面的に認め、「生命身体の安全に関わる重要な情報を漏らした」と市の過失を明確に指摘した。

 前沢功裁判長は判決理由で「情報漏えいに起因し、三好さんは生命を奪われるという回復できない重大な被害を受けた。住所を第三者に開示しないでほしいという期待を裏切った」と市の対応を批判した。

 夫は慰謝料など一千百万円の支払いを求めたが、判決は「市職員は電話でうそを言われて情報を漏えいした。相手の真の目的は知らなかった」と、賠償額を百十万円にとどめた。

 夫は判決後の記者会見で「全国の自治体に警鐘を鳴らすことができた」と語った。控訴するかどうかは今後検討するという。「情報漏えいと殺害に因果関係はない」として賠償額を争っていた市は判決を受け入れ、控訴しない方針。

 <逗子ストーカー殺人> 2012年11月6日、神奈川県逗子市の三好梨絵さん=当時(33)=が元交際相手の男=同(40)=に自宅で殺害され、男が自殺した。男は11年6月に脅迫容疑で県警に逮捕され、同9月に執行猶予付きの有罪判決を受けていた。逮捕の際、三好さんから明らかにしないよう求められていた結婚後の姓などを、県警が読み上げる不手際もあった。男は大量のメールを送り付けており、事件を機にストーカー規制法が初めて改正され、執拗(しつよう)なメール送信が付きまとい行為に加わった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報