東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

袴田さん、元裁判官と面会 一審死刑判決以来50年ぶり

病床の元裁判官・熊本典道さん(右)と対面する袴田巌さんと姉の秀子さん=福岡市内で(ジャーナリスト・青柳雄介さん撮影)

写真

 一九六六年に静岡県で一家四人が殺害された強盗殺人事件で死刑確定後、静岡地裁の再審決定で釈放された袴田巌(はかまだいわお)さん(81)と、一審で死刑判決を書いた元裁判官熊本典道さん(80)が面会したと十五日、袴田さんの支援団体が明らかにした。

 支援団体によると、袴田さんの姉秀子さん(84)が同行して九日に福岡市で面会。二人が会ったのは六八年の一審判決以来、約五十年ぶりとなる。

 一審静岡地裁で陪席裁判官だった熊本さんは二〇〇七年、袴田さんが無罪との心証を持ちながら、他の裁判官との合議で死刑判決を書くことになったと告白。袴田さんとの面会を希望していたが、脳梗塞の後遺症で入院して、実現していなかった。

 二人は熊本さんが入院している病院の一室で約十分間対面。支援者が公表した映像では、ベッドで横になっていた熊本さんが袴田さんをじっと見つめ、秀子さんの「熊本さん、巌だよ」という問いかけに、「巌…」と声を振り絞るように応えていた。

 熊本さんは後遺症で言語障害があり、袴田さんは拘禁症状の影響が残る。二人が言葉を交わすことはなかったが、お互いに会えたことは分かっている様子だったという。

 袴田さんが八日朝、自宅がある浜松市からの遠出を希望したため、秀子さんが急きょ福岡に行くことを決めた。熊本さんと〇七年以降、何度か会っている秀子さんは「熊本さんも、巌と会いたがっていたから良かっただろう。早く元気になってほしい」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報