東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

狭山事件再審請求 脅迫状の筆跡「別人」 新鑑定を高裁提出

 埼玉県狭山市で一九六三年に女子高校生=当時(16)=が殺害された狭山事件で無期懲役が確定し、服役後に仮釈放された石川一雄さん(79)の第三次再審請求で、弁護団が、高校生宅に届いた脅迫状の筆跡は石川さんのものと異なるとする新たな鑑定結果を東京高裁に提出したことが、弁護団への取材で分かった。提出は十五日。

 高裁の確定判決では、逮捕の二日前に石川さんが警察に出した上申書の筆跡と、身代金を要求する脅迫状の筆跡が一致するとした検察側提出の鑑定結果が有罪の根拠の一つとされた。

 弁護団は、コンピューターを使った筆跡鑑定を研究する東海大の福江潔也教授に鑑定を依頼。脅迫状と、石川さんが書いた上申書から「い」「た」「て」「と」の四文字を抜き出して比較したところ、99・9%の確率で別人のものだとの結果が出たという。

 事件は六三年五月一日、下校途中に高校一年の女子生徒が行方不明となり、三日後に遺体で発見された。埼玉県警は強盗殺人などの疑いで、現場近くに住む石川さんを逮捕。七七年に無期懲役が確定し、九四年に仮釈放された。再審請求はこれまでに二回退けられ、二〇〇六年五月に第三次請求をした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報