東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「てるみ」社長ら再逮捕 銀行から1億5000万円詐取容疑

 格安旅行会社「てるみくらぶ」(東京都渋谷区)による融資金詐欺事件で、東日本銀行(中央区)から融資金一億五千万円をだまし取ったとして、警視庁は十七日、詐欺の疑いで、同社社長の山田千賀子(67)=町田市南成瀬一=と、元経理担当社員笹井利幸(36)=埼玉県春日部市粕壁東=の両容疑者を再逮捕した。

 山田容疑者らの逮捕は三度目。捜査二課によると、山田容疑者は「私の指示でだまし取ったことに間違いない」と供述し、二人とも容疑を認めている。

 再逮捕容疑では昨年一〜二月、航空機のチャーター契約に関して「支払い時期が早まった」などとうそを言い、東日本銀行に契約額を水増しした資料を示して融資金をだまし取ったとされる。銀行には、債務超過を隠した粉飾決算書も提出していたという。山田容疑者らは、メインバンクの三井住友銀行から四億円をだまし取った詐欺罪などで昨年十二月に起訴された。

 てるみくらぶは、全国から旅行を申し込んだ八万〜九万人の代金計約九十九億円の負債を抱え、昨年三月に経営破綻した。破産管財人によると、二〇一三年から粉飾決算を繰り返していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報