東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

鎮魂と記憶の継承誓う 阪神大震災23年 追悼の集い

阪神大震災から23年、発生時刻の午前5時46分に竹灯籠が並ぶ追悼会場で黙とうする女性=17日、神戸市中央区の東遊園地で(川北真三撮影)

写真

 六千四百三十四人が亡くなった阪神大震災は十七日、発生から二十三年となった。兵庫県内では雨が降る中、各地で鎮魂と記憶の継承を願う追悼行事に市民らが集まり、地震発生時刻の午前五時四十六分に合わせ黙とうした。

 震災経験の共有は歳月の経過で難しさを増している。日本列島では自然災害が相次ぎ、南海トラフ巨大地震など将来の懸念も拡大。復興への歩みを語り継ぎ、次世代の教訓にできるかが課題だ。

 神戸市中央区の公園「東遊園地」の追悼の集いでは、竹灯籠で「1995 伝 1・17」の文字が形作られた。天候の影響があったとみられ、午前七時までに訪れた市民らは例年より少ない約三千七百人だった。

 遺族代表で、神戸市須磨区の在日コリアン二世崔敏夫(さいとしお)さん(76)は、次男秀光(スグァン)さん=当時(20)=を失った当時を振り返り「昨日のようで実感が湧かない。夢であってほしい」と今も続く悲しみを語った。「人と人とのつながりが、いざというときに大きな力になる。安心して住みよい町づくりを目指し頑張るのが息子のため」と訴えた。

 神戸市の久元喜造市長は、震災の経験を教訓に災害への備えに当たるとして「支援への感謝の気持ちを忘れず、防災や減災に貢献し続けたい」とあいさつした。

ビルの窓明かりで浮かび上がる「1・17」の文字=17日午前5時46分、神戸市中央区で(伊藤遼撮影)

写真

 兵庫県などが主催の追悼式典も神戸市で開かれ、井戸敏三知事は「積み重ねた復興の歩みの中に、社会に生かす大切なものがある。決して風化させない」と強調した。

 神戸市内では十七日、小学校の児童らが、地震発生時の身を守る行動を確認する「シェイクアウト訓練」に臨んだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報