東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

20億円 匿名の寄付 「短命市返上を」青森市に

 青森市は十七日、匿名の市民から昨年十二月、市に二十億円の寄付があったことを明らかにした。「『短命市』の返上に使ってほしい」という寄付者の意向に沿い、スポーツ施設の整備や健康づくり事業に役立てる方針だ。

 青森県は、五年ごとに作成される都道府県別の平均寿命で男性が一九七五年から二〇一五年まで九回連続、女性は〇〇年から四回連続で全国最下位。市は健康増進に力を入れている。

 市によると昨年十二月二十六日、市内の個人から寄付の申し出があり、二十八日に二十億円が振り込まれた。今月、小野寺晃彦市長が面会して謝意を伝え、寄付金の使途を協議した。氏名や性別は公表しないよう要望があったという。

 市は寄付金をスポーツなどに利用できるアリーナ施設の整備費の一部に充てるほか、園児や小学生を対象にした食育推進事業も行う考えだ。

 小野寺市長は十七日の記者会見で「大きな力をもらった。ご厚志に応えなければと身の引き締まる思いだ」と話した。

 青森市には一六年末にも京都市の個人から使途を明示しない五億円の寄付があり、新ビジネス支援などに充てられた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報