東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「死にたい」→自殺防止センター表示 座間事件受けツイッター新仕様

写真

 短文投稿サイト「ツイッター」の日本法人は18日、「死にたい」など自殺に関連する言葉でサイト内を検索した場合に、悩み相談に応じているNPO(非営利組織)「東京自殺防止センター」が最初に表示されるよう仕様を変えた=写真(iPhoneの画面から)。ツイッターに自殺願望を書き込んだ女性らを狙った神奈川県座間市で9人の遺体が見つかった事件を受けた措置。

 「死にたい」のほか、「リストカット」「自殺したい」など約150の言葉が対象。検索すると「ひとりで抱え込まないで」として東京自殺防止センターの窓口が一番上に表示される。米国でも同じように仕様を変えており、順次、各国に広げる。ツイッター日本法人は「自殺を考えている利用者が、思いとどまるようにサポートしてくれる団体と出会ってくれたら」(広報担当者)と説明している。

 利用者のアカウントごとにプログラムを書き換えているためまだ表示されない場合もあるが、順次、対応するという。

 同社はすでに、自殺をほのめかすような書き込みを把握したり、第三者から報告を受けた場合に、信ぴょう性を確認した上で書き込んだ人に相談窓口を紹介する対策を始めている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報