東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

窓落下小学校の上空に米軍ヘリ 防衛省確認、米軍は否定

防衛省が公開した、沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小の上空を飛行する米軍ヘリコプターの画像=18日午後

写真

 防衛省は十八日、沖縄県宜野湾(ぎのわん)市の市立普天間(ふてんま)第二小の上空を米軍ヘリコプター三機が同日午後に飛行したことを確認したと発表した。同小の運動場では昨年十二月に米軍大型ヘリが窓を落下させる事故を起こし、日米は学校上空を「最大限可能な限り避ける」と合意。政府が同小上空での飛行を確認したのは事故後初めて。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は午後の記者会見で、運動場の閉鎖が一カ月以上続く現状を指摘した上で「極めて遺憾だ」と述べた。一方、ヘリを運用する在日米海兵隊は、レーダー航跡や操縦士の証言を基に海兵隊機は同小上空を一切飛行していないとする声明を発表した。これに対し防衛省は、確認の根拠とした普天間第二小に設置した上空監視カメラの映像を報道各社に公開した。米海兵隊普天間飛行場に隣接する同小では運動場再開に向け、十八日午前に児童らがヘリ接近を想定した避難訓練を始めたばかりだった。

 小野寺五典防衛相は防衛省で、シュローティ在日米軍副司令官に同小上空を飛ばないよう改めて強く申し入れた。記者団に「避難訓練直後に上空を飛ぶのは、あまりにあってはならないことだ。いかに沖縄、日本国民全体として憤っているかを伝えた」と語った。

沖縄県宜野湾市立普天間第二小で行われた避難訓練に参加する児童=18日

写真

 市教育委員会の担当者は取材に「あり得ないことで大変遺憾だ。(最大限飛ばないとの)約束を守ってほしい」とコメント。運動場が当面再開できない可能性も示唆した。米軍ヘリ三機が飛行した際、運動場に児童はいなかったという。

 防衛省沖縄防衛局によると午後一時二十五分ごろ、AH1攻撃ヘリ二機とUH1多用途ヘリ一機が同小上空を飛行。防衛局が同小に配置した監視員の目視と監視カメラで確認した。日本政府関係者によると三機は普天間飛行場を離陸した。

 普天間第二小などは、上空の全面的な飛行禁止を要求していた。最大限飛ばないとする日米合意は、飛行した際の罰則が設けられておらず、沖縄県内では実効性を疑問視する声が上がっていた。

◆避難訓練の日「どうして」 合意ほご、保護者ら怒り

18日午前、避難訓練の合間に市立普天間第二小近くを飛行する米軍ヘリコプター。午後には別の機体が小学校上空を飛行したと防衛省が発表した=沖縄県宜野湾市で

写真

 米軍ヘリコプターによる普天間第二小の上空飛行を政府が確認した十八日、児童の保護者らは米軍に対し「避難訓練を始めた日に飛ぶとは」などと憤りの声を上げた。

 五年生の息子と三年生の娘が通う喜瀬(きせ)絵理奈さん(37)は「絶対に飛んでほしくない。避難訓練していること自体が私たちにとっては妥協だ。その日に上空を飛ぶなんて信じられない」と批判し、「政府はもっと強く抗議してほしい」と求めた。三年生と四年生の息子がいる男性(52)はため息をついた。「運動場再開に向けて努力してきたが、全てが振り出しに戻った」

 喜屋武(きゃん)悦子校長は「大変残念で、どうして学校上空を飛ぶことになったのか説明してほしい。最大限飛ばないという約束を守っていただきたい」とコメントを出した。

 第二小で朝のあいさつ活動を続ける玉代勢(たまよせ)徹さんは「上空の飛行を確認したとして、それでどう改善につながるのか。日本政府は米軍の言うことをうのみにすることの繰り返し。米軍は平気で(学校上空を)飛んでいる。非常にむなしい」と肩を落とした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報