東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

世界文化遺産 百舌鳥・古市古墳群を推薦 来年夏の登録目指す

堺市の百舌鳥古墳群。手前は上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵)、奥は大山古墳(仁徳天皇陵)

写真

 政府は十九日の閣議で、日本最大の大山(だいせん)古墳(仁徳天皇陵、堺市)を含む大阪府の「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」を世界文化遺産に推薦することを正式に決めた。二月一日までに国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦書を提出、二〇一九年夏のユネスコ世界遺産委員会での登録を目指す。

 古墳群は昨年七月に国の文化審議会が推薦対象に選んだ。今回の閣議了解には、国を挙げて登録し、保全にも万全を期す姿勢を示す意義がある。地元自治体が〇七年九月に文化庁へ登録を提案して以来、約十年の取り組みが大きな節目を迎えた。

 政府推薦を受け、ユネスコの諮問機関・国際記念物遺跡会議(イコモス)が今年九月ごろ現地を調査し、一九年五月ごろに登録の可否を勧告。勧告を踏まえ、世界遺産委が最終的に審査する。

 林芳正文部科学相は閣議後の記者会見で「世界的に顕著な価値があることは十分認められると思う」と強調。一方、イコモスの審査が年々厳しくなっており「登録する古墳の絞り込みを求められる可能性は排除できない。柔軟に対応できるよう地元自治体と連携していきたい」と述べた。

 古墳群は大阪府南部の百舌鳥地域(堺市)と古市地域(羽曳野市、藤井寺市)にあり、当時の建築技術や文化を示す貴重な物証となっている。現存する八十九基のうち、形がよく残っている四世紀後半から五世紀後半の四十九基を推薦する。

 中でも墳丘の長さが四百八十六メートルある前方後円墳・大山古墳は、クフ王のピラミッド(エジプト)や秦の始皇帝陵(中国)と並ぶ巨大墳墓とされる。

 世界遺産の審査は毎年実施される。今年は中東のバーレーンで六月二十四日から七月四日に開かれる世界遺産委で、文化遺産候補の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本)と、自然遺産候補の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)が審査される予定となっている。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】