東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

大砂嵐、追突事故か 初場所前、無免許の疑い

運転中に事故を起こしていたとされる問題で、記者に囲まれる大砂嵐。右端は弁護士=21日、両国国技館で

写真

 大相撲の十両でエジプト出身の大砂嵐(25)=本名アブデルラフマン・シャーラン=が一月初め、長野県内で車を運転中に追突事故を起こしたとして県警が道交法違反容疑で捜査していることが、捜査関係者への取材で分かった。当時、無免許運転だった疑いも持たれている。日本相撲協会によると、本人は運転していたことを否定している。相撲協会は内規で現役力士の運転を禁じている。

 相撲協会は緊急協議を開き、大砂嵐と師匠の大嶽親方(元十両大竜)から事情聴取。協議後、春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は、大砂嵐が二十二日から初場所を休場すると発表し、協会に事故を報告していなかったことも明らかにした。

 大嶽親方は「師匠としておわびします。大事な時にこういう問題を起こし、私にも報告していなかった」と述べた。

 大相撲界は、刑事事件に発展した元横綱日馬富士による暴行問題や、立行司のセクハラ行為からの信頼回復を図っている途中だが、新たな不祥事が発覚したことによるダメージは必至だ。

 春日野広報部長によると、車には大砂嵐と妻が乗っており、本人は「自分は運転しておらず、妻が運転していた」と主張しているという。相撲協会は二十二日以降、詳しい状況を確認するとしている。

 相撲協会は一九八五年に幕内だった水戸泉(現錦戸(にしきど)親方)が起こした事故をきっかけに現役力士に車の運転を禁じるようになった。

 大砂嵐はアフリカ大陸からの初の力士で、二〇一二年の春場所で初土俵を踏み、一三年の九州場所で新入幕を果たした。恵まれた体格とパワーを生かした取組で相撲ファンの人気を呼び、自己最高位は一五年の九州場所の前頭筆頭。

 現在の番付は西十両八枚目。十四日初日の初場所にも出場し、八日目まで一勝七敗の成績だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報