東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

日歯連迂回献金 元副理事長に有罪判決

 政治団体「日本歯科医師連盟」(日歯連)の迂回(うかい)献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記入、量的制限超過)の罪に問われた会計担当の元副理事長村田憙信(よしのぶ)被告(73)に、東京地裁は二十二日、禁錮二年、執行猶予三年(求刑禁錮二年六月)の判決を言い渡した。

 前田巌(いわお)裁判長は、過去の日歯連の不祥事を機に、寄付の上限を定める法改正がされたのに、当の日歯連がその規定を免れようと組織的、巧妙に迂回寄付をしたと指摘。「法改正の趣旨を甚だしくないがしろにした。被告は資金移動などの実務の中心を担い、刑事責任は重い」と述べた。

 判決によると、二〇一〇年と一三年の各参院選で、日歯連が擁立した自民党と当時の民主党の候補者の後援団体にそれぞれ一億円と九千五百万円を日歯連から寄付。政治団体間の寄付の法定上限(年間五千万円)を超えるため、資金の一部が別団体を経由したと収支報告書に虚偽の記入をした。

 弁護側は「日歯連内部の事務手続きとして資金を移動したにすぎない」と無罪を主張していたが、判決は「政治資金収支の実態を覆い隠す行為だ」として退けた。事件では、日歯連の前会長高木幹正被告(73)と元会長堤直文被告(76)も政治資金規正法違反罪で起訴され、公判中。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報